Q&A

頭金はどの程度用意すべきでしょうか?

住宅を購入するとなると諸々の諸経費がかかります。できれば300万円程度は用意しておきましょう。

かつて住宅購入にあたり用意すべき頭金は「物件の2割」でした。なぜなら住宅金融公庫(現在の名称は住宅金融支援機構)から借入れ可能な額が物件の8割合までだったからです。
さらに諸経費分として300万円が必要になります。
つまり3,500万円の住宅を購入する場合には自己資金として2割の700万円と、諸経費の300万円を合わせた1000万円が必要になるということです。

ところが現在では物件価格全額が借入れ可能な金融機関があるために、諸経費分の300万円だけ用意すればマイホームを手に入れることができます。
さらに年収・勤務先などの一定の基準を満たしていれば、諸経費の借入れも可能というケースもあり、お金を全く準備せずにマイホームが取得する手段も存在しています。

しかし金融機関ではリスクを考慮して金利優遇幅を設定するために、諸経費のローン分は金利が高くなるのが一般的です。またケースによっては諸経費ローンにつられて物件本体の金利までもが高く設定されることもあります。

ですので、低金利の現在はローンを組むとメリットはあるものの、諸経費までローンで賄うと金利が上がる可能性があるので賢明だとは言えません。諸経費分としての最低300万円をご用意頂くのが望ましいでしょう。

ページTOPへ