川崎の不動産・一戸建て物件検索は住宅販売会社のあんしんマイホームで! Q&A 一覧 現在臨月を迎えもうすぐ母親になる身です。そこで色々と将来のことを考えていて住宅ローンの返済について不安があり不動産仲介業者に聞いみました。すると返済比率が30%以内なので問題ないと言われました。本当にそうなのでしょうか?

Q&A

現在臨月を迎えもうすぐ母親になる身です。そこで色々と将来のことを考えていて住宅ローンの返済について不安があり不動産仲介業者に聞いみました。すると返済比率が30%以内なので問題ないと言われました。本当にそうなのでしょうか?

住宅ローンの返済比率が30%以内だから全く問題なしというのは考えものです。予期せぬ出来事で多額のお金が必要になるケースもあることを考慮すべきです。

子供がいるかいないか、また子供が何人いるかで住宅ローンの返済可能額も変わってきます。子供がいれば当然教育費に多大なお金が必要になります。習い事はもとより、塾代や学校の授業料と長期にわたり出費が続きます。つまり住宅ローンを借りる場合にまず第一に考えるべきことが家族構成ということになるのです。

これを無視して住宅ローンを組めば、窮地に陥りる場合があります。例えば年子のお子さんが続けて私立高校、私立大学に入学するとなれば入学金と授業料で家計は火の車です。こうなれば30%以内の返済比率でも安全とは言えなくなります。

子供がいれば教育費は削れない費用なので、常に蓄えるという姿勢が必要になります。そして子供の成長に合わせて、余裕があれば繰上げ返済をする、もしくは教育費に回すなどフレキシブルにお金を管理すべきでしょう。一般的に住宅ローンは35年と長い期間をかけて返済しなくてはならないので、安易な考えは避けるべきです。

自分に一番適切な住宅ローン借入れ金額を割り出すには、やはりファイナンシャルプランナーに相談するのが一番でしょう。それぞれの状況や家族構成を考慮して適切な借入れ額を提案してくれるはずです。

ページTOPへ