川崎の不動産・一戸建て物件検索は住宅販売会社のあんしんマイホームで! 住宅購入とお金の本 > 特集12 横浜・川崎エリアの地価上昇はどこまで進んだのか?

住宅購入とお金の本

特集12横浜・川崎エリアの地価上昇はどこまで進んだのか?

京エリアの地価上昇について 国土交通省が5月29日に発表した4月時点での地価動向調査によると、全国150の地点の53%にあたる80の地点で、3ヶ月前に比べて地価が上昇したとのことである。
この理由のひとつとして、来年4月の消費税の税率アップを見据えての駆け込み需要の影響との見方があるが、実際に横浜・川崎の住宅販売市場ではどのような状況なのであろうか。

FP住宅相談ネットワークグループの代表で、1級ファイナンシャルプランニング技能士(CFP)でもある黒須秀司氏に市場の現状を語ってもらった。

横浜・川崎の住宅市場の盛り上がり

「今年に入り、横浜・川崎の住宅市場はたいへんな盛り上がりを見せました。これは、明らかに来年の消費税率アップ前の駆け込み需要と捉えて良いと思っています。私共 FP 住宅相談ネットワークグループは、主に横浜・川崎を中心とした一般住宅の販売(仲介)専門の企業です。この春先、実際に住宅購入を検討されている方々数百人に、住宅購入の動機についてお尋ねしましたところ、半数以上の方が消費税率アップがひとつのきっかけとなったと話されていました。もちろん、理由のひとつに過ぎませんが、住宅購入に向けてのアクションを起こす大きな力となったことは事実だと思います。

そこで、これから住宅購入を検討されている方々の大きな関心事のとして、駆け込み需要によって販売価格が上昇してしまって、お買い得な住宅が市場からなくなってしまっているのでは?ということだろうと思います。

以下は私共の見解ということを前提としてお聞き頂きたいのですが、今年は年初から春先にかけて、例年以上の新物件の供給がありました。潤沢な供給があったということです。不動産デベロッパーとしても、駆け込み需要増を見込んで相当数の物件を市場に供給したため、需給バランスとしては比較的上手に均衡したのだと思います。結果として、一部の商品を除いては大きな価格上昇ということもなく、販売が進んだというのが、この春から夏にかけての市場だったと思います。

住宅探しの条件は、ほとんどの方が同じ_それならば、早めに動き出した方が得策

今年の秋の市場を予想するのは、たいへん難しいところではありますが、市場の盛り上がりは変わらず続くでしょうから、あとは供給が追いつくかどうかにかかっています。

ここでひとつアドバイスをさせて下さい。住宅探しの条件というのは、多くの方で似通っているということがとても大切なキーワードになります。例えば、横浜市内で住宅探しをする方、されている方にそれぞれご質問致しますが、市内の駅から徒歩15分以内、価格3,000 ~ 3,500万円前後、敷地面積は100㎡以上、2階建て、4LDK、カースペース1台以上、日当たり良好・・・、このような条件の方々が多い訳です。読者の方は如何でしょうか?これに加えて最近では、ある程度の棟数がまとまっている現場であること(多棟現場)、広めのLDKで水廻りが1階にあること、リビングイン階段、対面キッチン、出来ればカースペース2台、駅までの道のりに坂道が少ない、道幅が広い・・・、こういった条件が加わることも多くなってきました。おそらく、読者の方のかなり多くの方がこのような条件で住宅を探されているのではないのでしょうか?

それでは、このような条件の商品が市内にどれ位あるのでしょう。この秋、多くの棟数が供給されるとしても、前述のような条件が整ったものは少ないはずです。そう考えて行くと秋のシーズンは、早めに動き出した方程、好条件の商品に巡り会う可能性が高くなると言えます。シーズン前半程多くの商品があり、かつ、前述のような条件が整ったものから販売が終了してしまうからです。また、前半戦程この春先のような比較的安めの値付けのものが多いと仮定すれば、尚更早めの動き出しが正解と言えるでしょう。」

黒須氏によれば、近年横浜・川崎市内においては、未公開物件化が進んでいるため、一部大手業者に情報が集まりやすくなっているそうである。後悔しない住宅探しのためには頼りがいのある不動産会社の門を早めに叩くことが肝要かもしれない。

ページTOPへ