川崎の不動産・一戸建て物件検索は住宅販売会社のあんしんマイホームで! [川崎市 中原区] : 一覧

エリア川崎市中原区の物件一覧

検索条件を保存

該当物件50

1 | 2 | 3 | 4 次へ

まとめてお気に入りに登録する

まとめて資料請求する

会員登録はこちら
会員登録はこちら
会員登録はこちら

中古一戸建

川崎市中原区井田3丁目 一戸建 5980万円 F号棟

2021.01.21更新
価格
5,980万円
間取
2LDK
面積
土地: 123.76㎡ 建物面積: 84.81㎡
交通

グリーンライン 日吉駅 徒歩 23分

東急東横線 元住吉駅 徒歩 23分

資料請求に追加

お気に入りに登録

詳細ページへ

マンション

川崎市中原区小杉町1丁目 コリーナ小杉 5980万円

2021.01.15更新
価格
5,980万円
間取
3SLDK
面積
専有: 85㎡
交通

東急東横線 武蔵小杉駅 徒歩 2分

横須賀線 武蔵小杉駅 徒歩 14分

資料請求に追加

お気に入りに登録

詳細ページへ

会員登録はこちら
会員登録はこちら

マンション

川崎市中原区市ノ坪 シティハウス武蔵小杉ガーデン 5580万円

2021.01.15更新
価格
5,580万円
間取
3LDK
面積
専有: 64.35㎡
交通

東急東横線 武蔵小杉駅 徒歩 10分

南武線 向河原駅 徒歩 10分

資料請求に追加

お気に入りに登録

詳細ページへ

会員登録はこちら

新築一戸建

川崎市中原区上平間 新築一戸建 5380万円 D号棟

2021.01.22更新
価格
5,380万円
間取
3SLDK
面積
土地: 65.1㎡ 建物面積: 113.02㎡
交通

南武線 平間駅 徒歩 8分

横須賀線 新川崎駅 徒歩 21分

資料請求に追加

お気に入りに登録

詳細ページへ

会員登録はこちら

マンション

川崎市中原区上丸子天神町 朝日シティパリオ多摩川 5290万円

2021.01.22更新
価格
5,290万円
間取
3LDK
面積
専有: 69.98㎡
交通

東急東横線 新丸子駅 徒歩 7分

南武線 武蔵小杉駅 徒歩 13分

資料請求に追加

お気に入りに登録

詳細ページへ

新築一戸建

川崎市中原区今井西町 新築一戸建 5180万円 1号棟

2021.01.21更新
価格
5,180万円
間取
3LDK
面積
土地: 44.9㎡ 建物面積: 71.81㎡
交通

南武線 武蔵中原駅 徒歩 12分

東急東横線 武蔵小杉駅 徒歩 16分

資料請求に追加

お気に入りに登録

詳細ページへ

新築一戸建

川崎市中原区上平間 新築一戸建 5180万円 A号棟

2021.01.22更新
価格
5,180万円
間取
2LDK+2S
面積
土地: 65.44㎡ 建物面積: 110.33㎡
交通

南武線 平間駅 徒歩 8分

横須賀線 新川崎駅 徒歩 21分

資料請求に追加

お気に入りに登録

詳細ページへ

新築一戸建

川崎市中原区上平間 新築一戸建 5180万円 E号棟

2021.01.22更新
価格
5,180万円
間取
2LDK+2S
面積
土地: 86.96㎡ 建物面積: 99.56㎡
交通

南武線 平間駅 徒歩 8分

横須賀線 新川崎駅 徒歩 21分

資料請求に追加

お気に入りに登録

詳細ページへ

まとめてお気に入りに登録する

まとめて資料請求する

該当物件50

1 | 2 | 3 | 4 次へ

川崎市中原区の街情報
中原区は区の中心を東急東横線が往来しているため、都心部や横浜へのアクセスに恵まれています。 区内の駅は東横線では新丸子駅、武蔵小杉駅、元住吉駅の3駅です。南武線では武蔵新城駅、武蔵中原駅、武蔵小杉駅、向河原駅、平間駅の5駅です。 中原区の代表的な駅である武蔵小杉駅はJR東日本と東急が乗り入れ、接続駅としての役割も果たしています。 JR東日本の駅には、南武線、横須賀線、湘南新宿ライン、相鉄線直通(相鉄・JR直通線)の4路線乗り入れしています。 商業施設も充実しており、2014年11月22日にオープンした「グランツリー武蔵小杉」は150店舗が軒を連ねる地域最大の商業施設です。 キッズスペース「スマイルスクエア」、屋上庭園「ぐらんぐりんガーデン」など、お子さんが喜ぶスポットやサービスがふんだんに盛り込まれています。 他にも、武蔵小杉駅の1階・4階で直結した「武蔵小杉東急スクエア」はマルエツ、KOSUGI PLAZA、中原図書館などと一体的な複合施設となっています。 また、サッカーJリーグの川崎フロンターレの本拠地である等々力陸上競技場や川崎市市民ミュージアムなどのある等々力緑地が区内にあります。 区域の大部分は多摩川に抱かれた平坦部ですが、高津区や横浜市に隣接する井田地区には豊かな緑の残る丘陵地が広がります。 「中原区」という名称は、江戸時代に中原御殿(平塚市)と江戸を結ぶ中原街道の中継地としての小杉に御殿と陣屋があったことに由来しています。 中原区は幸区に続いて2番目に小さい面積ですが、通勤・通学、買物に便利な場所なので続々とタワーマンションが建設され、人口増加を続けています。